<< ジョワリッシュさんでのフランス☆ハーブ&紅茶レッスンコブクロライブ☆ >>
アフタヌーン・ディライト in ロンドン
今日も旅のご報告を。
しばらくレッスン風景はおあずけ〜^^;
というのも、秋はお茶がより美味しいと感じる季節。
そして英国展など、イベントも盛りだくさん!
そうそう、英国展の全貌を知ったわたしはまたもやビックリ・・。
今年1月と8月の英国お茶旅行集大成判☆みたいな内容でした。
プディングクラブから〜ジンジャーブレッド、茶園にもお邪魔したトレゴスナンまで!
その時お世話になった英国の重鎮?の方々とお会いする機会も・・そして生徒さんも是非一緒に!
という企画をただいまつめていっていますので、お知らせまでしばらくお待ちくださいね。

さてさてそういう感じで、せっかくなので今年の秋はお茶を存分に楽しんでいただきたい♪
そしてわたしのように、皆さんにも気持ちをどんどん盛り上げていただいて、Happy tea lifeを体験
したくなったら、是非S*STYLEへ♪みたいな流れでイヒヒお贈りいたしま〜す。

今年1月にロンドンへ行った時は、アガサクリスティーもお気に入りだった老舗・ブラウンズホテル
でのアフタヌーンティーを体験。
なので今回の旅では、ロンドン最新アフタヌーンティーを是非体験してみたい!と思い、
ファッショナブルでヘルシー指向のセレブ顧客が多いザ・メトロポリタンホテルでのトレンド!
アフタヌーンティーを体験してきました。

その名もアフタヌーン・ディライト(Afternoon De-Light)。
アフタヌーン・ディライトって??
低カロリーでオシャレで目にも美しいアフタヌーンティーといった感じ。
とにかくすべてのフードを低カロリーに、そして美味しく、美しく仕上げる工夫がなされています。
ロンドンにまでこんな風が吹いているのか・・と、初めは驚きを隠せませんでしたが、量はというと、
やはりアフタヌーンティーらしく、食べきれない多さたらーっ
マフィンカップケーキ3種、スコーン、フルーツ・コンポート、マカロン、サンドイッチ風3種にティー。
ティーメニューは、イングリッシュブレックファスト、ダージリン、アール・グレイのほか、ハーブティー・
グリーンティーなど7種の中から選べます。



よーくみてくださいね。
まずはサンドイッチのパンがない、中身の野菜をピューレ状にしてフランスでもよく目にした
‘ヴェリーヌ’(グラスの中にテリーヌのように盛り付けたをしたデザート)仕立ての前菜のような
ものが何種か。
正直どろっとしてて、なんか離乳食たべてるみたいで。サンドイッチのほうがいいなぁといった感想。



そしてスコーンはヘルシーにオリーブオイルで焼き上げた、サクフワ〜なライトな味わいが楽しめ、
こちらは○グッド
クリームもクロテッドではなく低カロリーのものになってました。
オーガニックジャムと共に。
ケーキは、今流行のフェアリーケーキ。
オリーブオイルで焼き上げたマフィン+バタークリームで高カロリーなところを、果物のピューレを使って
糖分を調整してあるので少しだけ軽く感じました。が、この時点でもはやお腹は一杯気味。
大き目のフルーツサンドマカロンもまだ残っていたので、ディライトといいつつも、日本人にはゼンブとなると
かなりきつい量には変わりないなぁと思いましたモゴモゴ

でも非常に丁寧に、美しく手間隙かけられて作られているのは確か。
そしてアフタヌーンティーがいただけるザ・メット・バーは、数々の有名セレブが楽しむ、なかなか
普通では体験できない会員制バー。
その分バーの雰囲気が強くなり、少々シックなナイト☆アフタヌーンティーっぽくなっちゃいますが・・ね。
曜日や時間も決まっているので、この日にロンドンに滞在しているなら怖いもん見たさ?いやいやてれちゃう
経験として挑戦!してみるのも、いいかも。

わたしは英国のトラディショナルなアフタヌーンティーがやはり好みかな。
フォートナムメイソンやハロッズなんかでもアフタヌーンティーは出来ますし、ドーチェスター、リッツ、
そして今度行こうとたくらんでいるクラリッジスホテルなどは優雅な〜アフタヌーンティーが体験できますラブラブ

あっ、忘れてた。
肝心のティーのお味ですが・・・・
誰かロンドンの水道管をよくしてください!!!
がんばれロンドン!
これが感想です。あしからずふぅ〜ん


2009.09.15 Tuesday 08:29
2009 南仏&英国 紅茶&ハーブ旅行comments(0)trackbacks(0)
 
コメント
コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)



この記事のトラックバックURL
http://blog.sstyle-tea.com/trackback/1006352
トラックバック