<< 無事帰国しました!インド・ダージリン 紅茶の旅 >>
インド・ダージリン 紅茶の旅
2010 インド・ダージリン紅茶の旅。
あの清清しい〜グリニッシュで甘い香りを放つファーストフラッシュ。
紅茶好きなら〜誰もがあこがれるダージリン。
その春の最高の時期に訪れることができた喜び。
そして工場の入り口にさしかかると押し寄せてくるあの素晴らしいファーストフラッシュの香気は・・
言葉では言い表わせられない〜いつまでも忘れたくない幸せな香りでした。

ダイジェストですこしづつお伝えできたら・・と思います。

****************************************************************

=オーガニック茶園&茶摘さん=



チャモン茶園にて。
11月から雨が降らず、水不足の茶樹たち。
でも春になり〜こんなに綺麗な新芽が芽吹き・・
と言うのも、このダージリンの地にその力が備わっているからなのです。
そして私たちがダージリンを訪れた3日目に、恵みの雨が降りました。
なんて嬉しいことなの!
茶摘さんたち(プラッカーさん)もこれから大忙しです。



オーガニック・チャモン茶園の環境はウバにも似ている様な。
ワイルドで静かで穏やかな渓谷にありました。
穏やか?といっても、上から見ると傾斜は直角と思うほど、すごい斜面にチャが植わっており。
到底わたしたちには茶摘みなど無理。
プラッカーさんの大変さ、すごさを知りました。
本当に頭がさがる思い。
貴重な茶葉を・・・ありがとう・・。



オーガニックの象徴、てんとう虫さんが手にラッキー
そしてプラッカーさんのカゴの中身を拝見。
これから銀色に輝く美しい若い葉っぱたちが、丁寧に摘まれていました。
それぞれのペースで収穫量は違ってきます。
もちろん賃金に繁栄してくるのですが。。
プラッカーさんはいつもとても優しい笑顔。
こころはチャのようにとってもピュアで。
たくさんのプラッカーさんをみて、労働条件や環境など、現状の厳しさを目の当たりにしました。
そして、切なさも感じました。
・・・学びですね。


2010.04.08 Thursday 12:41
2010 インド・ダージリン紅茶紀行comments(0)trackbacks(0)
 
コメント
コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック