<< インド・ダージリン 紅茶の旅レッスン募集のお知らせ☆ >>
インド・ダージリン 紅茶の旅
インド・ダージリン報告会・その他レッスン詳細はこちらをご覧ください。

****************************************************************

=ダージリンまでの道のり◆

・・・バグドグラ空港に無事到着。
ここは軍の空港でもあるので、写真は×
ドライバーさんにスーツケースを預け、まずは腹ごしらえ。
空港のレストランへディナー

カレーなど現地食、たくさん食べました。食欲はこの時点ではまだ?旺盛。
どれもこれも〜美味しい♪ちょっと辛いのもあるけど。。
ここで初体験したのが、ライムの塩?ジュース。甘くない塩味のライムジュース。(写真後ろの方)
好きな方は好きみたいですが、やっぱり甘いほうが好みかな。。。
紅茶はもちろん、ダージリンティー。



そして車に乗り込み、いざダージリンへ!
日本では馴染みが薄いですが、ドアーズ・テライの低地産の茶畑を横目に、
どんどん気持ちはヒートアップ。
こんなかわいい光景にも遭遇。
よいしょ!プシュー



しかし・・・

どんどんあがっていくうちに自動車、気がつけばそこは断崖絶壁の・・・
道幅2台の車がやっとの劣悪な?山道。ヘアピンカーブの応酬。バウンド&バウンド。
そしてダージリンと言えば霧。
こんな時にも、もやもや〜っとわたしたちに襲いかかり。。
横風なんて受けたもんなら〜もちろん、命はない。。。
というのも私たちの車の上には、あの(知っている人は本当にぞっとするはず)・・・・
前回飛行機で破損したため、ニースで買ったあの・・
超特大スーツケース+スーツケース3つが車の上に、紐でくくられ乗せられているでは
ありませんかびっくり
考えただけでも、寒気しました。。

そんな状況で、急斜面、霧、急カーブ・・すごすぎる〜と息をのみながら車の手すりをぎゅっと握り締め、
3〜4時間かけて上って上って・・・
そして無事に憧れのダージリンに到着。
はるばる日本から〜遂にたどり着いた訳です。
あ〜怖かった。。38階に住んでいても、怖かったムニョムニョ

この間に〜日本は少々肌寒い春。そしてタイの蒸し暑さを経て、コルカタはもっと暑い!気温35度!!晴れ
朝からきつい日差しと湿度、そしてほこり!?にめげそうになりながら〜ダージリンに着いたときには、
なんとダウンが必要な〜世界!?
脱いだり〜着たり、脱いだり、着たり・・どんだけ激しい気温差やねん!!
と叫びたくなるくらいの環境の変化にもなんとか着いていきながら〜ダージリンでの紅茶の旅が
ようやく始まるのでした。

・・ダージリンに上がっていく車の中で、わたしは思いました。
携帯が日本に繋がるなら〜今のこの興奮を実況で皆に伝えたい汗と。
でもこの状況はなんていっていいのか。。これは言葉では伝えられへん!!!と、
車の中で叫びまくり・・・
あとから考えると、あの道はなんて快適な道なの☆ということになるとは・・・うっ悲しい


  (↑がけっぷちを走る。霧が・・・)

そんな興奮状態のまま、今日はキャッスルトン茶園近くの山小屋?風ホテルに宿泊。
キャッスルトンのマネージャーハウスにお茶のお招きをいただき、後から伺う予定。

霧でなにもみえない〜〜。見えたと思ったら、崖の上にホテルが建っているような。。
恐怖さめやらぬ・・1日ムニョムニョ


2010.04.11 Sunday 01:28
2010 インド・ダージリン紅茶紀行comments(0)trackbacks(0)
 
コメント
コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック