<< ベティーズ最高〜!スコーンも最高!テーブルクリエーション サロンマダムによる〜おもてなしのテーブル! >>
私の茶のバイブル「茶の世界史」 角山榮先生の訃報・・
皆様こんばんは。
今日は残念なお知らせが・・

紅茶を勉強していく上で、通るべき茶のバイブル本・・
「茶の世界史」の著者、かねてから病気療養中だった角山 榮先生が10月15日(水)
薬石効なくご逝去されました。

私が紅茶を勉強しはじめた頃、かれこれもう16年も前になりますね。。
その頃は、紅茶やお茶について沢山の経験や研究を重ねられた素晴らしい先生方が現役で
お元気で。そんな賢人たちから有難いことに、直接お茶や紅茶のお話を伺う機会に恵まれてきました。

今のサロンしか知らない皆さんは、え〜〜うそやわぁ〜と思われるかもしれません。
本当に普通の。自宅マンションの10帖の小さなリビングから始まった紅茶教室。
そしてハーブに出会い、その頃は夢にも思っていなかった現在のかたち。

↓こちらは当時のリビングから見えたベランダと手作りした本棚?



Cozyな場所に、原点でもある英国を思い出せる空間を。
自分の好きを形にしたレッスン専用のサロン。
 
今、こうやって思うように創ったプライベートサロンを構え、たくさんの生徒さんに
も恵まれ。
そして当時の私と同じように、ぼんやりとだけど見えている自分の好きや夢に向かって
生き生きと、茶を楽しみ深めている皆なとともに。
助け合い、いつも笑い転げて。。

そんな幸せなティーライフを過ごせているのも、賢人達から伝えていただいた
「茶の本質」の部分が、知らず知らずのうちに私の中に息づいてくれたおかげ・・だと思っています。
改めて心からの感謝の気持ちと、寂しくて残念な気持ちでいっぱい・・ですが、先生の
ご冥福を心よりお祈りいたします。


そしていつも思うことは・・
今、この時を大切にするということ。
この時は、またはないということ。

またいつか・・と後回しにしてしまうと、それはもう二度と巡ってこない。
すべてが一期一会。

ここですべてのタイミングが変わって、道筋も変わってしまうんだろうな〜と思います。

だから生徒さんには、よく「またとない講座ですよ!」とお伝えします。
これは集客のため?というより、一番は自分もそうだったように、本当にまたはなくて、
今だからこそ学べる貴重な機会。

いつもそんな講座やそんな想いで、開催にいたっているのがS*STYLE TEAのスタイル
なのです。

角山先生には本当に大切な茶の心を、教えていただきました。
もっともっと教わりたいこと、お聞きしたいことが沢山ありました。

力足らずではありますが、私が学んだことや伝えていただいたことを、
生徒さんにも
精一杯伝えていきたいと思っています。


今日はいつもお茶らけ?から〜少しまじめ?なスミティーでお届けしました。

明日は、パーティースタイルのスコーン教室の模様をお伝えきるかなぁ・・
(眠くなかったら^^;)


最後まで、今日もありがとうございました☆  Sumitty^^


2014.10.19 Sunday 02:08
ティーライフcomments(1)trackbacks(0)
 
コメント
角山先生お亡くなりになったのですね。
訃報を聞き本当に寂しい気持ちです。

講演会でお話を聞いた時、もう3年前くらいでしょうか。
好奇心に満ちキラキラとした少年のような目をされていました。
現地を見てきた方から新しい情報を知りたがる様子が
失礼ながらとても可愛らしく思えました。

お身体の具合が優れないと聞いていたのに、
心のどこかで、いつまでも居てくださるような気持ちでいました。

もうお会いすることができないなんて・・・


ほんとですね、田中先生の言う通り。
いまこの瞬間にできることを大切に。
いま、一緒に学び楽しめる人がいるこの瞬間を大切に。

こころに刻みました♪


角山先生のご冥福をお祈りいたします。




あいこ | 2014/10/20 7:35 PM

コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)



この記事のトラックバックURL
http://blog.sstyle-tea.com/trackback/1176340
トラックバック