<< 明日の日本茶講座のご連絡6月14日はロブマイヤー講座! >>
フクオカタカヤ展 レセプションTea Partyのご案内

陶芸作家 フクオカ タカヤ待望の初個展

S *STYLE TEAにて


○6月27日(木)〜30日(日)

11時〜18時30分(最終日は17時まで)

*27日 作家在廊


個展会期中はご予約なしでどなたでもご覧いただけます!


・・・・・・・・・・・・・・・・・


1日だけの豪華メンバーの共演による

フクオカタカヤ展 レセプション茶会を催します。


代表作である‘komorebi'をテーマに

器 フクオカタカヤ×空間プロデュース akari×

フード amasora ×aozoramacaron!&スミTEA!

この日だけのスペシャルなkomorebiのひとときをお愉しみください。



★S*STYLE TEA presents★

Takaya Fukuoka’s 1st Exhibition  

Reception tea party


‘komorebi'


【日時】

6月26日(水)

11時〜13時 

14時30分〜16時30分


【場所】

S *STYLE TEA

大阪市西区京町堀1-9-59

第3安田ビル2階


【reception fee】13,000円(税込)

(作品 komorebi mini cupをプレゼントいたします)


【お申込方法】


https://reserva.be/sstyle2002


からお申込みお願いいたします。

満席の場合はキャンセル待ちを承ります。

恐れ入りますが、info.sstyletea@gmail.comタナカまでご連絡くださいませ。



〜akari's message〜


‘komorebi' 

木洩れ日


森の中を歩いていて、ふと木々や葉の間から太陽の光が優しく降り注ぐとき

私たちはどこか優しく清々しい気持ちになります


外国語では表現することができない日本人独特の表現の一つと知り

私たち日本人の四季を愛でる気持ちや、自然に対する思いを感じずにはいられません


作品のテーマそのものである ’komorebi’を

森の中からそっと

その部分だけを切り取ってテーブルの上に表現しました


優しい木洩れ日の中でいただくTea

森の中から届けられたような小さな箱に詰められたお料理とスイーツを

この日だけのkomorebi空間でお愉しみください



【プロフィール】

●フクオカ タカヤ

東京理科大学で建築を学ぶ

在学中に陶芸に出会う

2011年 福井県 越前市に工房「Totan」築窯

テーブルフェアフェスティバル、神奈川県美術館展他入賞


○代表作品

儚さ 繊細さ 滅びの美学 をカタチにした

蛍手の中でも特殊な技法の器である 'komorebi'

自然にランダムに空いた穴から溢れる 優しい木漏れ日のような光。透光性のある器です。


●akari

篠原伯母野山デザイン 代表 空間デザイナー


企業パーティやイベントを企画するほか、「コミュニケーションをデザインする」をテーマに、人が集う場、会話・対話する場をプロデュース。 

2012年よりダンボールで作るパーティ空間「PAPER PARTY」をデザインし、新たな紙の可能性を発信。 2015年には自身のライフスタイルブランド「by akari」を立ち上げ、ダンボールのテーブルや椅子、オリジナルオブジェ、サインボード、オーナメントなどを企画販売。国内・海外にてインスタレーションやアート空間をプロデュースする他、様々な企業のブランドイメージアップや販売促進のディレクションなども手掛ける。


神戸松蔭女子学院大学ファッション・ハウジングデザイン学科非常勤講師 


byakari.com 

akarikoike.com

Instagram : akari_koike



●池尻彩子 

amasora オーナー


神戸の洋菓子店「ダニエル」で8年間中村シェフに師事。

お菓子教室のアシスタント講師などを経て2010年芦屋にて

アトリエ「甘空」をたちあげる。高知、福岡の洋菓子店のプロデュースも

行う。

2013年ネイチャードーナツ「フロレスタ」が堺にオープンした「フロレスタキッチン コドモ」のシェフ兼開業顧問に就く。

安心、安全な食を担う生産者を訪れ、素材そのものの味わいを大切にした

「ネイチャー フード」のレシピ開発に尽力する。

2017年2月神戸北野にアトリエ「甘空」を移転。

2018年3月芦屋に待望のデリ&スイーツショップ「amasora」をオープン。

著書に「フロレスタ ファーマーズキッチンCODOMOのネイチャーごはん」

(京阪神エルマガジン社)がある。



●堀江ひろえ

aozora macaron


美術館学芸員の職を失い、ふと手にしたマカロンキット。 そこから私のマカロン人生がはじまりました。

以来、どこにもないマカロンを目指して日々マカロンだけを焼き続けています。

味、ビジュアル、気持ちがひとつになったマカロン、いつか世界のどこにもない表現するマカロンを作りたいと願っています。

肩書きはないのでとりあえず「マカロン作家」と名乗っておきましょう。


492F05CC-8EE7-4FE3-9420-47415AEBDB19.JPG


・・・*・・・・・・*・・・
S*STYLE TEA
紅茶教室&ハーブティー教室

田中純幸    Sumiko Tanaka

・・*・・・・・・*・・・
〠550-0003
大阪市西区京町堀1-9-5 
第三安田ビル二階
・・・*・・・・・・*・・・


2019.06.02 Sunday 18:59
-|comments(0)trackbacks(0)
 
コメント
コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)



この記事のトラックバックURL
http://blog.sstyle-tea.com/trackback/1176690
トラックバック