<< 無事帰国ゴールデンシロップ >>
ティー

スーツケースの半分を占めてます。
ほとんどが英国もの。
ハーブティーもたくさんありましたよ。
パリはやはり時間が全く足りませんでしたが、メトロ・バス乗って、歩いて走ってマルシェで地のもの見て、
土地感養ってきました。
で、専門誌にものってなくてまだ誰にも知られていないお城?のような隠れ家みたいなサロンドテを
紹介いただき、行ってきましたよー。
お茶はというとマリアージュフレール。
何種類か飲み比べて一番美味しかった緑茶ベースのお茶と定番マルコポーロをマリアージュ本店で
買ってきました。
閉店間際にダッシュで滑り込み、間に合った〜〜と叫ぶや否や、物色開始。
そうです。いつもの如くのてんやわんやにマリアージュのお兄さんたちも巻き込んで。
でもお兄さんたちみんなご機嫌で(普段はそうでもないようです)最後自ら写真撮りましょ
と玄関出たところでスタンバイしてくれてて、ビックリでしたp(^^)q
向かいのお店も閉まってたのに空けてくれて、お菓子買えたし。
ラッキー☆
ダッシュした甲斐があったわ〜。
イギリスもパリも香港も!寒いどころか汗かいてましたよ。ずっと。。
で、フランスで飲む紅茶。
まじで〜!?と衝撃受けました。
またお話は後日ゆっくりo(^-^)o



ちなみに本はこんな感じ。
貴重な写真や文章がいっぱいです。英語がんばらないと〜!



2009.01.26 Monday 17:22
2009 英国&パリ 紅茶紀行comments(0)trackbacks(0)
 
コメント
コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)



この記事のトラックバックURL
http://blog.sstyle-tea.com/trackback/816563
トラックバック